この後だったかその前なのか、横浜アンパンマンミュージアム。
アンパンマンミュージアム (1)

仙台アンパンマンミュージアムにも何度か足を運ぶくらいに、アンパンマン中毒。
まだ、人混みが苦手だった頃か。
アンパンマンミュージアム (2)

ちゅっちゅが未だに外れてないけど、1年前も変わらず。
アンパンマンミュージアム (3)

アンパンマンミュージアムは子供はめちゃくちゃ楽しいらしい


アンパンマンミュージアムって言葉も発しやすいからなのかもしれないけど、アンパンマンミュージアムに行った話を娘が良くしてくれる。
アンパンマンミュージアム (4)

姪っ子も登場。
アンパンマンミュージアム (5)

何故か甚兵衛で夏祭り気分。
アンパンマンミュージアム (6)

アンパンマンとペコちゃんのキッチン


ランチはここ。
アンパンマンミュージアム (7)

麺類をちゅるちゅると呼ぶ、娘と姪っ子にとっては大好物なラーメン。
アンパンマンミュージアム (8)

大人は肉。
子供を一日中遊び回らせるには、体力が必要なのですよ。
アンパンマンミュージアム (9)

至る所にアンパンマン。
アンパンマンミュージアム (10)

ミュージアム内は子供の恰好の遊び場


うほーい。
と、走り回って見たり。
アンパンマンミュージアム (11)

やなせたかし劇場で、アンパンマンの劇を見たり。
アンパンマンミュージアム (12)

ロールパンナちゃんに興奮してみたり。
アンパンマンミュージアム (13)

謎な遊具で遊んでみたり。
アンパンマンミュージアム (14)

乗ってみたり。
アンパンマンミュージアム (15)

姪っ子と娘はどっちも可愛らしい


娘も可愛いけど、姪っ子もまた違った可愛さがあってパパはデレデレなのですよ。
アンパンマンミュージアム (16)

「パパー」

と近寄ってくる娘。
アンパンマンミュージアム (17)

「あーちゃんパパー」

と、前は「パパー」と近寄ってきてた姪っ子は、相方(娘)のパパって事を認識してしまったらしく、すこし他人な呼び名に変わってしまったのですよ。
アンパンマンミュージアム (18)

前は「パパー」と呼んでくれてたのにな。

ちょっと、センチメンタル。
アンパンマンミュージアム (19)

アンパンマンの美術館を眺めようかと思っても・・・
アンパンマンミュージアム (20)

とにかく落ち着く事なく、館内をくまなく散策する娘。
アンパンマンミュージアム (21)

うほーい。
アンパンマンミュージアム (22)

あんぱんまーん
アンパンマンミュージアム (23)

姪っ子と一緒にアンパンマン号
アンパンマンミュージアム (24)

とにかく楽しい


普段、デスクワークなんてやってるパパになると、子供に一日中振り回されるので、子供が疲れて眠る前に体力切れになってしまう位に、子供は楽しくて駆け回る。
アンパンマンミュージアム (25)

子供が疲れてベビーカーで寝てくれたと思うと、次はママ達のお土産地獄。

こんなに遊んだんだから、もういいんじゃないかと思うけど、ママは最後にお土産を買うのが好きみたい。

そんなお土産地獄にも付き合った後は、運転地獄。
説明するまででもない。


とにかく、娘と姪っ子を追いかけまわして大変な一日なんだろうけど、二人の寝顔を見てそれ以上の何かを得てにやにやしてしまう日なのでした。


おわり。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天