去年の夏祭りでも着た女の子柄の甚兵衛羽織を羽織って、保育園の夏祭り。

今年はママが仕事なので、パパと二人。

大好きな先生に促されて、金魚すくい。
夏祭り (1)

「パパー。金魚さ~ん。」

と、満面の笑み。
夏祭り (2)

金魚すくいの他にも、織姫と彦星のシールを貼って親子で作る工作コーナーや、くじ引きコーナー等、保育園の先生達が残業なんかをしてつくりあげてくれただろう、夏祭りを娘は満喫。

他の子が写ってたりすると、厳しい世の中だから、なかなかね。


沢山できた友達と、一緒に走り回って遊んでたりする姿を見てるだけで、何とも言えない幸せな気分になるな。

パパのハンディカムを使って、何かを録る娘。
パパの姿を見て、使い方を覚えてるんだろうな。
夏祭り (3)

ママが一緒にこれなかったので、友達のママに何かを一生懸命に伝えようとする娘。

ママがこなくても泣いたり駄々をこねたりしなくて良い子にしてくれてるけど、きっとどこかで寂しいって思ってたりするのかな。

夏祭りは1時間程で終わったので、去年と同様にパパと遅めの朝ご飯。
夏祭り (4)

来年は保育園じゃなく幼稚園にうつってるかもしれないので、この保育園での夏祭りは最後かもしれないけど、大好きな先生達や友達やパパやママなんかと過ごした、こういった日を記憶の片隅でいいから覚えておいてくれるといいな。

ポチっとしたくなる、スマホ用Amazon
Amazon.co.jp 一般
楽天